自宅購入・結婚など、何かとベントごとには、お金が絡んでくるものです。
お祝い金などをどーんともらったりすることもあるのではないでしょうか。
も結婚時にはご祝儀をいただいたり、親からも一人暮らしをしているということもあってお金をいただくこともありました。

現在贈与税は年間110万円以上の贈与からかかるということになっています。(平成23年)
果たして結婚やお祝い事のご祝儀などは計算に入れている人はいるのでしょうか??
ほとんどが0であると思いますし、そんなところまで税務局が管理しきれないのは確かです。

実際に旦那さんが死んだとき、子供が旅立っていくとき、自分がもう先が長くないとき・・・どうしたら税金が少なくかかるのか?
財産というものは、結婚して夫婦になったとしても共有物ではありませんので、もし旦那が死んだ場合は死んだ時点で旦那の通帳に入っていたお金を相続するとなると税金がかかってきます。
面倒ですね;;

夫婦になって財布は一緒にしたものの、将来のこともしやに入れつつ貯金する通帳も考えなければならないのだなと痛感しました。
inserted by FC2 system